「うつと付き合う」ストレスの多い現代社会。経験者が語る「うつ」との付き合い方

経験者でなければわからないうつとの付き合い方。正常生活めざして・・・

うつで悲惨な目に遭う人が急増しています。

うつ病を経験して、今は健常生活に戻った筆者が、「うつ」との付き合い方を徹底伝授いたします。

経験者でなければ分からない、病との対処の仕方、医者との付き合い方を述べています。

決して完治することのない病気ですが、根気強くやれば克服できます。
以下、本文より「1 はじめに」の一部抜粋・・・。

1 はじめに
 うつ病は誰でもがかかる可能性のある病気です。特別な病気ではなく、人間が持つ交感神経と副交感神経のバランスが崩れたときに、いわゆる、不定愁訴などから始まり、神経症性障害やその他の精神的疾患と合併して出てくる場合も多いものです。

 現代のように、ストレスの多い社会では、人間関係、仕事や学業の不振、その他内や外からのストレスに晒されている以上、人間として正常な神経を持った人が普通にかかってしまう危険性があります。かえって、ちゃらんぽらんな人などは「うつ」になどならず、真面目な人がかかる病気と言って過言ではありません。

 誰もが「よい人生」を送りたいと願っていますが、世の中はそんなにうまくいくことは少ないのです。病気としてとらえた場合、「うつ」というのは、精神疾患でありながら、今は風邪をひくようにあたりまえに罹病してしまう病気です。

ですから、かってのように、精神神経科や心療内科などが専門に扱う病気ではなく、一般の内科でも十分通院治療が可能になってきています。

 問題なのは、「うつ」状態が悪化したときに、最終手段である「死」というものを選択してしまうことが、ままあるために、落ち込んでいるときに注意を要する病気だと言うことです。

反対に「死」というものを恐怖に感じるパニック症候群などの人は、自殺を考えません。死ぬこと自体が恐怖なのですから、うつの特徴である、「死んでしまったほうがいい」という考えには至らないことが多いです。

しかし、「パニック症候群」と「うつ病」の境界線も曖昧で、両者を併せ持つ患者もいますから事は複雑です。

 また、「仮面うつ病」という名前で呼ばれた、不定愁訴を訴える症状は、実態はうつ病でありながら、その症状が精神的落ち込みよりも、肉体的疾患の症状として次々に顕在化するものであり、うつ病自体の形態は人によって様々です。

ただ、共通して言えるのは、周りからの期待が大きすぎたり、大きな失敗がきっかけになっていたり、がむしゃらにやってきてふと自分を振り返ったときなどに発症すると言うことです。

そして、すべての共通項は周りの理解がないと解決しにくいということです。

「うつと付き合う」ストレスの多い現代社会。経験者が語る「うつ」との付き合い方

社会保険庁が混乱の今、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法

うつ病で障害年金2級を獲得して、気持ちを楽にしましょう

社旗保険庁が「年金問題」で揺れて、国民の信頼回復に努めている今、障害年金の申

請は通りやすいはず。

平成19年6月に障害年金2級を受給して、年間¥792,100を7年分受給に成功

しました。申請にはある「秘密」があり、誰でもできることですが、知ると知らない

とでは大違い。

書類申請まで親切サポート付き、医師とのかけひき、社会保険事務所での相談等、失

敗しない障害年金2級受給を目指します。

社会保険庁が混乱の今、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法

がんばらない!症状克服実践会テキスト

元精神科のナースが書き下ろした貴重な一冊!

人間関係の悩み・恋愛・仕事のトラブル。

ストレスの多い毎日です。元精神科のナースが5年の歳月を経て公開する「心の病」と向き合うための実践テキストです。

本人出演の解説CD-Rまたはビデオ付き。

また先着39名の方に、ニュースレター(2、000円)を無料サービス中です!在庫が無くなり次第、販売を終了致します。

がんばらない!症状克服実践会テキスト

あなたも「うつ」克服できます!〜うつを克服するために〜

うつを克服するのは難しくなかった!1日30分で

うつ克服はむずかしくない。

1日30分でうつ克服しませんか?

うつな気分が晴れるまで。
初歩的な知識から、克服するための方法まで簡潔にまとめました。

あなたも「うつ」克服できます!〜うつを克服するために〜

もしかしたらうつ病かも?

うつ病チェックシート付き!

1億2千万総うつ時代といわれる中、年間の交通事故死者数が8,000人台にまで減り、一方で総自殺死亡者が3万人を超えています。

すべてがうつ病のせいとは申しませんが、尊い命が自らの手で断たれているかと思うと非常に心苦しい思いです。

本人がうつ病であるということを、家族や周囲の人が、彼、彼女をうつ病だと知っていたら、失わずに済む命もきっとあったに違いないと思います。

全ての人にうつ病を知ってほしい、もっと身近に感じてほしい、そう思って書きました。

もしかしたらうつ病かも?

気持ちが「ストーン」と楽になるうつ克服法

プロのカウンセラーのように、ストレスを激減させ、うつを克服する奇跡術とは・・

「まさか、自分がうつ病になるなんて・・・・・・・」

「いや、そんなはずはない、うつ病なんて、何かの間違いだ!」

不安を打ち消すように、すぐにその考えを否定しましたが、現実は、簡単に打ち消すことは出来ませんでした・・・・・


そんなある日、会社主催の営業研修があったのですが、そのカリキュラムの中で「目標達成させるためには」
というものがありました。その日は私の体調があまり優れていなかったのですが、研修なので何が何でもやらなければならない状況でした。


「休めばよかった・・・」と思いながら、仕方なく終わらせるめに、自分の考えを紙に書き出しているうちに、私の心に変化が現れてきたのです。

それは、今まで心のどこかで引っかかっていた、モヤモヤっとしていたものが「ストーン」と楽になるような感覚でした。


その時、もしかしたらこの方法は、私と家族を苦しめている、うつ病を克服することが出来るかも知れないと感じたのです・・・・

詳しくは こちらもしくは、関連ページからどうぞ。

気持ちが「ストーン」と楽になるうつ克服法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。