◆≪末期ガンを超克!≫◆大丈夫!どんなときにも希望はある・あなたは治る

皇室専門医も納得


大学病院で、私の病状について最終的な検査結果が出ました。

名前を呼ばれて入った診察室には、重苦しい、沈痛な空気が漂っていました。


そして、

「たいへん残念ですが…」という前置きの後に、私の病状は悪性リンパ腫の第四期、つまり末期であることを告げられたのです。

◆≪末期ガンを超克!≫◆大丈夫!どんなときにも希望はある・あなたは治る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。