「うつと付き合う」ストレスの多い現代社会。経験者が語る「うつ」との付き合い方

経験者でなければわからないうつとの付き合い方。正常生活めざして・・・

うつで悲惨な目に遭う人が急増しています。

うつ病を経験して、今は健常生活に戻った筆者が、「うつ」との付き合い方を徹底伝授いたします。

経験者でなければ分からない、病との対処の仕方、医者との付き合い方を述べています。

決して完治することのない病気ですが、根気強くやれば克服できます。
以下、本文より「1 はじめに」の一部抜粋・・・。

1 はじめに
 うつ病は誰でもがかかる可能性のある病気です。特別な病気ではなく、人間が持つ交感神経と副交感神経のバランスが崩れたときに、いわゆる、不定愁訴などから始まり、神経症性障害やその他の精神的疾患と合併して出てくる場合も多いものです。

 現代のように、ストレスの多い社会では、人間関係、仕事や学業の不振、その他内や外からのストレスに晒されている以上、人間として正常な神経を持った人が普通にかかってしまう危険性があります。かえって、ちゃらんぽらんな人などは「うつ」になどならず、真面目な人がかかる病気と言って過言ではありません。

 誰もが「よい人生」を送りたいと願っていますが、世の中はそんなにうまくいくことは少ないのです。病気としてとらえた場合、「うつ」というのは、精神疾患でありながら、今は風邪をひくようにあたりまえに罹病してしまう病気です。

ですから、かってのように、精神神経科や心療内科などが専門に扱う病気ではなく、一般の内科でも十分通院治療が可能になってきています。

 問題なのは、「うつ」状態が悪化したときに、最終手段である「死」というものを選択してしまうことが、ままあるために、落ち込んでいるときに注意を要する病気だと言うことです。

反対に「死」というものを恐怖に感じるパニック症候群などの人は、自殺を考えません。死ぬこと自体が恐怖なのですから、うつの特徴である、「死んでしまったほうがいい」という考えには至らないことが多いです。

しかし、「パニック症候群」と「うつ病」の境界線も曖昧で、両者を併せ持つ患者もいますから事は複雑です。

 また、「仮面うつ病」という名前で呼ばれた、不定愁訴を訴える症状は、実態はうつ病でありながら、その症状が精神的落ち込みよりも、肉体的疾患の症状として次々に顕在化するものであり、うつ病自体の形態は人によって様々です。

ただ、共通して言えるのは、周りからの期待が大きすぎたり、大きな失敗がきっかけになっていたり、がむしゃらにやってきてふと自分を振り返ったときなどに発症すると言うことです。

そして、すべての共通項は周りの理解がないと解決しにくいということです。

「うつと付き合う」ストレスの多い現代社会。経験者が語る「うつ」との付き合い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。